×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リンクにnofollow属性を活用しよう


アフィリエイト・アクセスアップを支援。

 リンクにnofollow属性


コメントスパムにはnofollow属性で対処

リンクのrel属性の値にnofollowを設定すると、Googleに対してこのリンクをたどらないよう、
そしてリンク先に自分のサイトのページ評価を渡さないように伝えられます。
これを設定するには、 rel="nofollow"をリンクのアンカータグの中に追加します。
では、nofollow属性はどのようなときに便利なのでしょうか?
よくある例としては、ブログのコメント欄に投稿されるコメントが挙げられます。
もしあなたのサイトに、誰でも自由にコメントできるブログがある場合、投稿されたコメント内のリンクは、
あなたがその価値を保証できないサイトであっても、あなたのサイトの評価(PageRank.) を渡してしまいます。
ブログのコメント欄は、コメントスパムの標的になりやすいものです。
このような、ユーザーによって勝手に追加されてしまうリンクに nofollow属性を設定することにより、
あなたが苦労して得たサイ トの評価をスパムサイトに渡さないで済みます。


<a href="http://www.shadyseo.com/" rel="nofollow">コメントスパム </a>

リンク先のサイトを信用しておらず、そのサイトに自分のサイトからのリ ンクが考慮されないようにしたい場合はnofollow属性を使用します


コメント欄や掲示板には自動でnofollowを追加しよう

多くのブログソフトウェアのパッケージでは、ユーザーが挿入し たリンクに自動でnofollowが追加されるようになっています。
そのような設定があらかじめ用意されていないものでも、多くの場合、手動で設定することができます。
ゲストブックや掲示板、リファラーのリストなど、ユーザーによって生成されるコンテンツが他にある場合も、同様に対応することをおすすめします。
第三者によって追加されるリンクの質を保証する場合(例えば自分のサイトへコメントを投稿するユーザーは、みな信用できると考えている場合)は、リンクにnofollow属性を追加する必要はありません。
しかし、リンク先にGoogleがスパムと考えるサイトが含まれていると、あなたのサイトの評価に影響を及ぼすことがあります。
ウェブマスターヘルプセンターでは、CAPTCHAの利用やコメントの設定の変更などのコメントスパムを防ぐ方法を紹介してい ます。


コンテンツ単位、ページ全体などでnofollowを使い分けるには

もう1つのnofollow属性の使い方としては、コンテンツの中で他のサイトについて言及し、リンクは張るけれども、そのウェブサイトに自分のサイトの評価を渡したくない場合です。
例えば、コメントスパムについてのブログ記事を書いていて、最近自分のブログへ投稿されたコメントスパムのサイトに言及する状況を想像してください。
このサイトに関して周りの人にも注意してもらいたいので、このサイトへのリンクを記事に入れるでしょう。
とはいえ、このサイトへ自分のサイトの評価は渡したくありません。
このようなときにnofollow属性が有効となります。
また、ページにあるすべてのリンクにnofollow属性を追加する方法として、ページのHTMLのheadタグ内にrobotsメタタグでnofollow属性を記述することができます。
具体的には、<meta name="robots" content="nofollow">と表記します。


参照 : Google の検索エンジン最適化スターター ガイド



相互リンク募集相互リンクお問い合わせ