×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

descriptionメタタグを設定しよう


アフィリエイト・アクセスアップを支援。

 descriptionメタタグ


ページの概要を記述できる

descriptionメタタグとは、Googleやその他の検索エンジンにペ ージの概要を伝えるものです。titleタグ同様、descriptionメ タタグはHTMLドキュメントのheadタグの間に配置します。 ページタイトルにはいくつかの語句やフレーズを記述しますが、 descriptionメタタグには1文か2文、場合によっては短い段落程度 の文章まで記述できます。なお、Googleウェブマスターツールに は「HTMLのヒント(HTMLの候補)」という機能があり、短すぎ たり、長すぎたり、重複したdescriptionメタタグがないかを調べる ことができます。


<html>
<head>
<title>フラワーギフト通販 ブルーメ|季節の花を全国へお届け</title>
<meta name="description" content="花と観葉植物を扱うオンライン専門 ショップ。母の日、誕生日、結婚記念日など、特別な日のプレゼントに最適なフラワー アレンジメントやプリザーブドフラワーを多数取り揃えています。全国無料配送可、当日配送も承ります。">
</head>
<body>

ショップのサイトのdescriptionメタタグには、サイトが提供するコンテン ツに関する概要が書いてあります


descriptionメタタグを設定する メリットとは?

descriptionメタタグは、Googleがスニペットとして利用する可 能性があります。
ただし、「可能性がある」という表現に留めている ことにご注意ください。
ページの中にユーザーの検索キーワードと の関連性が高く、スニペットとして利用するのにより良いテキスト がある場合は、その部分を使うこともあります。
サイトがOpen Directory Project(ODP)のディレクトリに掲載されている場合は、 ODP上の説明文を代わりに使用することもあります(ODPに登録さ れているデータを検索エンジンに表示させない方法は、検索結果で のサイトのタイトルと説明を変更するをご覧ください)。
各ページ にdescriptionメタタグを入れておくと、Googleがスニペットに適当 な文章をページの本文中から見つけられなかった場合の良い備えと なります。

検索結果ページにおいて、スニペットはページタイトルとURLの 間に表示されます。
スニペットの中に検索キーワードに一致す る語句がある場合、その語句は太字になります。
各ページには、それぞれ固有の descriptionメタタグが用意されていることが理想的です。


参照 : Google の検索エンジン最適化スターター ガイド



相互リンク募集相互リンクお問い合わせ