×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

URLの構造を改善しよう


アフィリエイト・アクセスアップを支援。

 URLの構造


わかりやすいURLはコンテンツの情報を伝えやすい

コンテンツのカテゴリや、ファイル名に説明的な名前を利用する ことは、
検索エンジンがそれらのドキュメントをクロールしやすく なることにもつながります。
また、あなたのコンテンツにリンクを 張りたいと思っている人にとっても簡単で、
わかりやすいURLを 作ることにもなります。
意味のわかる単語がほとんど含まれない、 極端に長く暗号めいたURLはユーザーにとって不親切なものと言 えるでしょう。

ユーザーの中にはURLの文字列をそのままリンクのアンカーテ キストとして利用する人もいます。
URLがページの内容と関連す る単語を含んでいれば、IDや不可解なパラメータで構成された URLに比べて、ユーザーと検索エンジンの両方にページについて の情報をより多く伝えられます。


URLは検索結果に表示される

ページのURLはGoogleの検索結果にも表示されることを覚えておきましょう。
URLはページのスニペットの下に表示されます。
ページタイトルやスニペットと同様、ユーザーの検索キーワードがURLに含まれていた場合、
その部分が太字で表示されます。
Googleは非常に複雑な構造のURLもクロールすることができます。
しかし、サイトのURLをできる限りシンプルにすることで、
ユーザーにも検索エンジンにも親切なものになります。
そのため動的なURLを静的なURLに書き換える努力をされるウェブマスターもいます。
書き換えることに問題はないのですが、これは高度な作業であり不正確に行われてしまった場合は、
クロール関連の問題を引き起こす原因となる可能性があることにご注意ください。


参照 : Google の検索エンジン最適化スターター ガイド



相互リンク募集相互リンクお問い合わせ